不達メールの処理

不達メール、つまり存在しないアドレスへメールを送信すると何が問題なのでしょうか。

メールの送信は、サーバーに負担がかかります。
存在しないメールアドレスへの送信は更にサーバーに負担がかかります。

それに、なんでもかんでも送信するなんて、スパムそのものですよ。

メールマガジンやステップメールを送信する場合は メールアドレスが存在しないなどの理由でエラーメールが返ってきたらそのアドレスへの送信は停止 しなければいけません。

ところが、市販されているメールマガジン・ステップメールシステムの ほとんどは不達メールへの配信を自動で止める機能がありません。

なのでついつい不達アドレスへもそのまま送信している人が多いのです。 きちんと削除あるいは配信停止しましょう。
あまりサーバーに負担をかけると、スパマーと勘違いされたり、アカウントを削除されたりしてしまうかもしれません。

できれば不達メールをリストから削除するのか配信を一時停止にするのか選べるソフト のほうがいいでしょう。

不達メールは削除してしまってもかまわないようにも思いますが、 なにかの手違いやエラーでメールアドレスが一時無効になっている場合もあるんです。

メールマガジンならさほど問題ではありませんが、 ステップメールの場合は送信回数があるので削除には気をつけてください

とりあえず一時オフにして、一定期間置いた後削除できるシステムなら 言うことありません。

ステップメールの詳しい記事を読む

便利ツール
お役立ち情報・小技
読者に好かれるセールス
ネットビジネスのあれこれ
自分で行う無料SEO対策
ネットビジネスの確定申告
更新情報
オンラインマニュアル
連絡先