購入者にセールスは送らない

もうその商品は購入しています!!

突然ですが、情報商材って購入されたことありますか?

以前、報商材を購入しました。

ところが、商品を購入した数日後、その商品のセールスメールが 送られてきました。

そして、さらに何日かして、またセールスメールが送られてきました。

二度あることは三度ある。
またセールスメールが送られてきたので、たまらず解除してしまいました。

機械的にメールを送信し、機械的に商品を売っている、という印象を強く受けました。
こんなメールの送り方をしてはいけません。

では、どうすればいいのでしょう?

  ・
  ・
  ・

絞り込んでメールを送信すればいいのです。
『商品を購入していない人にメールを送信』するのです。


のようなリストがあり、このリストに商品Bのセールスを送るとします。
絞込み送信ができない場合、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、Fさんの 全ての人にメールを送信してしまいます。

つまり、商品Bをすでに購入している人にもセールスメールが届いてしまうのです。

これは、情報商材など1度しか商品を購入しないタイプの ビジネスにとって致命的です。

読者の立場からみれば、すでに購入している商品のセールスをされるわけですから、かなり不愉快です。
メールマガジン、ステップメールを解除してしまうかもしれません。

本当にちゃんと商品購入者のことを見てくれているのだろうか、 すべて機械的に処理しているのではないか、といった不信感を 抱いてしまうでしょう。
それ以降の商品の購入意欲が下がってしまいかねません。

つまりリピート購買率の激減」です。

セールスをしたいのは商品Bを購入していない人です。
すでに商品を購入しているBさん、Cさん、Eさんを除いた、 Aさん、Dさん、Eさん、Fさんに送るべきです。

つまり、 『商品を購入していない人(非属性)に送信』というフィルタをかけて送信する機能のあるステップメール を使わないといけません

ステップメールの詳しい記事を読む
便利ツール
お役立ち情報・小技
読者に好かれるセールス
ネットビジネスのあれこれ
自分で行う無料SEO対策
ネットビジネスの確定申告
更新情報
オンラインマニュアル
連絡先