1サイト1ジャンル1ページ1サブジャンル

独自ドメインの取得

ネットでビジネスをするなら、独自ドメインをぜひ取得しましょう。
独自ドメインを無料で取得、運営できるサービスがマイクロソフトから出ています。Office Liveです。いろいろ制約はあるようですが、とりあえず無料でドメインを取得、運営してみて、機能が足りないようならオプションをつけたり、別のホスティングサービスへ移行してもいいと思います。

取得したドメイン1つに対して、1つのジャンル(テーマ)を持った1つのサイトを立ち上げます
最近では、検索エンジンはサイトのジャンルの絞込みを行うようなので、複数のジャンルを持ったサイトは上位表示されにくくなっているようです。
複数のジャンルに渡るサイトの場合、キーワードも多岐に渡るので、1つ1つのキーワードがぼけてしまうという点でもSEO対策上よくありません。
訪問者にとっても、テーマの明確なサイトの方がわかりやすいですよね。テーマが明確かつユニークなサイトの方がナチュラルリンク(外部リンク)が得られやすくなります。

サブドメインの設定

複数のジャンルに渡るサイトを作成したい場合は、別のドメインを取得して別サイトを立ち上げましょう。別ドメインを取得するほどでなければ、サブドメインを設定する方法もあります。
サブドメインを設定すると、メインドメインの前に文字を追加して、1つのドメインで複数のドメインがあるかのように運営できるようになります。
ホスティングサービスを選ぶとき、サブドメインが設定できるかどうかもチェックしておきましょう。

たとえば、このサイトのドメインは【benri-tools.net】ですが、このドメインでブログも運営したくなったとします。【benri-tools.net】ドメインに【blog】サブドメインを作成して、【blog.benri-tools.net】として運営するのです。
サブドメインは【blog】以外にも作成できます。

このように、1つのドメインに、複数のサブドメインを設定し、サイトを運営できるようになるのです。

サブドメインの他に、【benri-tools.net/~blog】の様にサブディレクトリで運営する方法もありますが、これは様々な理由からよくありません。
特にブログは気をつけましょう。【http://www.domain.com/~myblog/】ではなく、【http://www.myblog.domain.com/】ドメインが割り当てられるブログを選びましょう。

サブディレクトリの下にサイトがあると、Googleウェブマスターツールで使えない機能がある、robots.txtはルートディレクトリにある場合にのみ有効なので、ディレクトリ型のサイトでは使えない、など不利益な制約が出てきます。
1サイト1ジャンル(1ドメイン1テーマ)が基本です。

1ページは1サブテーマで

1ページは1つのサブテーマになるように書きます。これでそのページのキーワードも設定しやすくなります。

また、Googleでは以前はファイルサイズが100KBを超えるとインデックスしないという仕様がありました。今はそのような記述は見えませんが(見つけられないだけかもしれません)、100KBを超えると最初の100KB分しかインデックスしないという情報もあります。超えることは稀だと思いますが、ファイルサイズは100KB以下にしましょう。100KBには画像のサイズは含まれません。純粋にhtmlファイルのサイズです。
ファイルサイズを抑えるためにも、1ページに何もかも詰め込むのではなく、1サブテーマに絞りましょう。
ファイルサイズを抑えるためにも、html本体とスタイルシートを分けましょう。

便利ツール
お役立ち情報・小技
読者に好かれるセールス
ネットビジネスのあれこれ
自分で行う無料SEO対策
ネットビジネスの確定申告
更新情報
オンラインマニュアル
連絡先