【ビジネス羅針盤 ステップメール】 オンラインマニュアル

まずはステップメールを作成します。
ステップメールはいくつでも作成できます。

ファイルのパーミッションを決める

読者の名前やメールアドレス、メールボックスやftpアカウント情報が記録されているファイルのパーミッションを設定します。
外部の人から見えないように、パーミッションを設定してください。
cronを利用している場合、パーミッションを厳しくすると動かないことがあるかもしれません。その場合は、パーミッションを緩くしてください。

  1. 【管理者情報など】を開きます。
  2. パーミッションを数値で入力します。
  3. 【更新する】ボタンをクリックします。
    これで、これ以降作成するファイルは、設定したパーミッションになります。
  4. 【パーミッションの適用】ボタンをクリックすると、今まで作成したファイルにもパーミッションを適用することができます。

ステップメールを新しく作る

  1. 【ステップメール新規作成】を開きます。
  2. ステップコードを入力します。
    複数のステップメールを送信するとき、識別キーになります。ダブらないように設定してください。
    コードに使える文字は、アルファベット、数字、アンダーバーです。
  3. ステップ名を入力します。
  4. 既にステップを作成していて、その設定をコピーして作成したい場合は、【コピーステップ】でコピー元のステップを選んでください。
    コピーされるのは、ステップメール情報、エラーメールボックス情報です。
  5. 【登録する】をクリックします。
  6. 作成が成功したら、左メニューにステップメールが追加されます。

ステップメール共通部分の設定

まず、ステップメールを運用していくのに共通して必要な情報を設定します。

ステップ名

ステップ名を変更できます。ステップコードは変更できません。

配信・停止

一時的にステップ配信やマガジン配信をストップしたい場合、【停止】にします。

送信元名・送信元アドレス

ステップ配信、マガジン斉配信、Webからの登録・更新・解除のとき、登録者に対して送るメールの【from】に設定する名前とメールアドレスを設定します。受信者には送信者情報として表示されます。

Reply-To

受信者が受け取ったステップメールやメールマガジンに対して返信したとき、このアドレスに返信されます。

エラーメール受け取りアドレス

送信先のメールアドレスが存在しないなどの理由でエラーメールが返信されたとき、そのエラーメールを受け取るメールアドレスを設定します。
エラーメールをリストから自動削除するには、エラーメールを受信する専用のメールボックスが必要になります。
【ビジネス羅針盤 ステップメール】をインストールしているドメインに存在するメールアドレスを設定してください(存在しないメールアドレスの場合、おそらくほとんどのサーバーで動きません)。

ヘッダ・フッタ

登録者に送信するメールに共通なヘッダやフッタがあるときに設定します。メールを送信するとき、これらのファイル内容をメールに差し込んで送信します。
ヘッダを作成する場合は【ヘッダを作成する】を、フッタを作成する場合は【フッタを作成する】をクリックします。
編集画面が表示されるので、ファイルを編集します。 設定後、ファイルを消したい場合、【ファイル削除】をクリックしてください。

メールの文字コードとエンコード方式

メールの文字コードとエンコードを設定します。編集しているステップの全てのメール(ログメールを除く)に適用されます。
従来の文字コードで送信する場合は【ISO-2022-JP】を選択してください。
【UTF-8】を選択した場合は、エンコード方式も選択してください。
空欄を選択した場合は、メールの文字コードに従います。 この場合はそれぞれのメールで文字コードを変えることができます。
目次 インストール ログイン ステップ作成 登録してもらう 変更してもらう 解除してもらう リスト アドレス変更
一括登録 テストアドレス マガジン予約 ステップ予約 メール配信 エラーメール削除 文字コード 置換
フィルタの登録 フィルタと予約日時 ログとバックアップファイル csv出力 Webへ名前 FAQ