【ビジネス羅針盤 ステップメール】 オンラインマニュアル

ステップメールへの登録の解除を、Webサイトから登録者に自分で変更してもらう方法です。
2つのパターンがありますので、状況に合わせて、いずれか1つを選んでください。
  • 解除要求フォームに入力されたメールアドレスに解除用のURLを送信し、URLにアクセスすると解除される(いたずら防止解除
  • 簡易解除用のURLにアクセスすると、ブラウザに確認画面が表示され、承諾すると解除される(簡易解除

いたずら防止メールを送信してから解除する場合

解除の流れ

〔〕内のファイル名は【sample】ディレクトリにサンプルファイルがあります。参考にしてください。また、ファイル名は例なので自由に変更してください。

登録者が解除要求用のページ〔kaijyo.html〕から登録しているメールアドレスを入力
(解除要求用のフォームは解除確認−フォームから作成)
 ↓
登録者に解除用のURL(【ステップメール情報編集】画面−処理ファイルURL)が記載されたメールを送信
(解除確認で設定したサブジェクト、本文が送信される)
(このメールは1日の配信上限数を超えていても送信される)
 ↓
ブラウザは解除確認で設定したリダイレクトURL〔kaijyo_kari_ok.html〕へジャンプする
(このページには解除するにはメールに記載されたURLをクリックすることを表示する)
 ↓
登録者にメールが届き、登録者が解除用のURLへアクセスし、解除する
 ↓
登録者に解除完了メールを送信する
(解除完了で設定したサブジェクト、本文が送信される)
(このメールは1日の配信上限数を超えていても送信される)
 ↓
ブラウザは解除完了で設定したリダイレクトURL〔kaijyo_ok.html〕へジャンプする
(このページには解除されたことを表示する)

解除の設定

解除の設定は、【ステップメール情報編集】画面から行います。

  1. 【ステップメール情報編集】を開きます。
  2. 解除確認用のページを用意します。〔kaijyo.html〕
    【解除確認】のプルダウンから、お好きな文字コードを選んでください。
    【解除確認−フォーム】をクリックするとhtmlが表示されます。コピー&ペーストしてページを作成してください。ただし、作成したページの文字コードはプルダウンで選んだ文字コードと揃えてください。
    Webページの必要なところへフォームを表示したいときは、htmlのフォームの部分(<!-- フォームここから --> 〜 <!-- フォームここまで -->)をコピーして、表示したいところへペーストしてください。
  3. 解除要求を受け付けたとき、ブラウザに表示するページを用意します。〔kaijyo_kari_ok.html〕
  4. 解除要求用ページ〔kaijyo.html〕と解除要求完了時のページ〔kaijyo_kari_ok.html〕をFTPソフトからサーバーへアップロードします。
  5. 【解除確認−件名】へ解除確認メールのサブジェクトを設定します。登録者の名前やメールアドレスを挿入することもできます。詳しくはメールの文字列置換を参照してください。
    【本文を作成する】をクリックして編集画面を開き、解除要求があったとき登録者に送信するメールの本文を作成します。〔delete_ninsyo.txt〕
    登録者の名前やメールアドレスを挿入することもできます。詳しくはメールの文字列置換を参照してください。
    メールの文字コードについてはメールの文字コードを参照してください。
    解除には解除用URLが必要になります。URLが置換される設定も忘れないでください。
    htmlメールを送ることもできますが、代替文の設定はできません。
    【解除確認−リダイレクトURL】へ、解除要求を受け付けたときに表示するページのURLを設定します。
  6. 解除が完了したとき、ブラウザに表示するページを用意します。〔kaijyo_ok.html〕
  7. 解除完了時のページ〔kaijyo_ok.html〕をFTPソフトからサーバーへアップロードします。
  8. 【解除完了−件名】へ解除完了メールのサブジェクトを設定します。登録者の名前やメールアドレスを挿入することもできます。詳しくはメールの文字列置換を参照してください。
    【本文を作成する】をクリックして編集画面を開き、解除が完了したとき登録者に送信するメールの本文を作成します。〔delete_ninsyo.txt〕
    登録者の名前やメールアドレスを挿入することもできます。詳しくはメールの文字列置換を参照してください。
    メールの文字コードについてはメールの文字コードを参照してください。
    htmlメールを送ることもできますが、代替文の設定はできません。
    【解除完了−リダイレクトURL】へ、解除完了時に表示するページのURLを設定します。


簡易解除URLにアクセスして解除する場合

解除の流れ

〔〕内のファイル名は【sample】ディレクトリにサンプルファイルがあります。参考にしてください。また、ファイル名は例なので自由に変更してください。

メールマガジンやステップメール内に、【ステップメール情報編集】画面にある簡易解除用のURLを記載
 ↓
メールマガジンやステップメール配信時に、簡易解除用のURL中の【%%kaiin_id%%】が置換され、各登録者専用のURLになる
 ↓
登録者が簡易解除用のURLにアクセス
 ↓
ブラウザにステップメール名と解除するメールアドレスを表示
 ↓
登録者が【解除する】ボタンをクリック
 ↓
登録者に解除完了メールを送信する
(解除完了で設定したサブジェクト、本文が送信される)
(このメールは1日の配信上限数を超えていても送信される)
 ↓
ブラウザは解除完了で設定したリダイレクトURL〔kaijyo_ok.html〕へジャンプする
(このページには解除されたことを表示する)

解除の設定

解除の設定は、【ステップメール情報編集】画面から行います。

  1. 【ステップメール情報編集】を開きます。
  2. 解除が完了したとき、ブラウザに表示するページを用意します。〔kaijyo_ok.html〕
  3. 解除完了時のページ〔kaijyo_ok.html〕をFTPソフトからサーバーへアップロードします。
  4. 【解除完了−サブジェクト】へ解除完了メールのサブジェクトを設定します。登録者の名前やメールアドレスを挿入することもできます。詳しくはメールの文字列置換を参照してください。
    【本文を作成する】をクリックして編集画面を開き、解除が完了したとき登録者に送信するメールの本文を作成します。〔delete_ninsyo.txt〕
    登録者の名前やメールアドレスを挿入することもできます。詳しくはメールの文字列置換を参照してください。
    メールの文字コードについてはメールの文字コードを参照してください。
    htmlメールを送ることもできますが、代替文の設定はできません。
    【解除完了−リダイレクトURL】へ、解除完了時に表示するページのURLを設定します。
  5. 【簡易解除用URL】にあるURLを、メールマガジンやステップメールなどに記載してください。
目次 インストール ログイン ステップ作成 登録してもらう 変更してもらう 解除してもらう リスト アドレス変更
一括登録 テストアドレス マガジン予約 ステップ予約 メール配信 エラーメール削除 文字コード 置換
フィルタの登録 フィルタと予約日時 ログとバックアップファイル csv出力 Webへ名前 FAQ