【ビジネス羅針盤 ステップメール】 オンラインマニュアル

複数の配信先のメールアドレスを一括で登録します。

インポート情報を新規登録する

  1. 【csvインポート】を開きます。
  2. インポートコードを入力します。
    複数のインポートの識別キーになります。ダブらないように設定してください。
    コードに使える文字は、アルファベット、数字、アンダーバーです。
  3. インポート名を入力します。
  4. 【登録する】ボタンをクリックします。
  5. 作成が成功したら、【既存の設定です】にインポート情報が追加されます。

インポート情報の編集

  1. 【既存の設定です】の中から、編集したいインポート名をクリックします。
  2. 【インポート名】を変更したい場合は、変更します。
  3. インポートを一時停止したい場合は、【停止】を選択します。

  4. サーバーにあるインポートするファイルのフルパスを入力します。
    URLではなく、ディレクトリパスです。【/home/public/web_id/sample.des/】などです。
    インポートファイルは、外部サーバーのファイルも指定できます。
    外部サーバーのファイルをインポートする場合は、そのサーバーのftpアカウントも設定してください。
    cronからの登録を行わず、ブラウザからのみ登録する場合は、インポートファイルパスの設定は必要ありません。

  5. インポート先のプランを、プルダウンから選択します。

  6. 【仮登録・本登録】を選択します。
    【仮登録】 : 仮登録されて、登録されたメールアドレスには【ステップメール情報編集】−【登録確認】で登録した内容のメールが送信されます。
    【本登録】 : 本登録されて、登録されたメールアドレスには【ステップメール情報編集】−【登録完了】で登録した内容のメールが送信されます。
      〔ステップメール情報編集−登録完了−BCC〕でメールアドレスを設定していれば、管理者へもメールが送信されます。
    【本登録(無送信)】 : 本登録されて、メールは送信しません。
  7. 【項目区切文字】で、csvファイルの項目間の区切り文字を選択します。
    【,】と【タブ】から選択してください。通常は【,】が多いでしょう。
    例えば、【姓,名,メールアドレス】の場合【,】になります。
  8. 【項目囲み文字】で、各項目をくくっている文字を選択します。【なし】か【"】から選択してください。
    例えば、【"姓","名","メールアドレス"】の場合、【"】になります。項目囲み文字に【"】を指定する場合、項目の中に【"】を入れないでください。
  9. csvファイルの1行目が、項目名か、データ行かを設定します。
  10. 【姓】、【名】、【メールアドレス】、【ステップ配信済回数】、【ステップ配信最終日】、【フィルタ】、【フリーフィールド1〜10】が csvファイルの何番目の項目にあるのかを半角数字で入力します。
    全てのデータに同じ値を登録したいときは、【データ・共通項目】に登録したい値を入力します。
    【ステップ配信最終日】で登録できる形式は、【YYYY-MM-DD HH:mm:ss】、【YYYY-MM-DD】、【YYYY/MM/DD HH:mm:ss】、【YYYY/MM/DD】の4タイプです。

    例えば、
    行番号 姓  名  メールアドレス ステップ
    配信済回数
    ステップ配信最終日時 性別
    1 田中 A子 aaa@bb.ccc 6 2009/02/06 02:30:00
    2 渡辺 B夫 zzz@yy.xxx 7 2009/02/07 02:40:00
    というcsvファイルがあり、全てのデータの【フィルタ】に【商品A】と登録した場合、

    と入力します。
  11. すでに登録されているメールアドレスの場合、既存のデータを新しいデータで上書きするかどうかを設定します。
    【上書きしない】を選択すると、既存のデータをそのまま残します。
    【上書きする】を選択すると、既存のデータを新しいデータで上書きします。
    【データがないとき書込】を選択すると、既存のデータが空白のとき新しいデータを書き込みます。
    【追加する】を選択すると、既存のデータに新しいデータを追加します。
  12. 【変更する】ボタンをクリックします。
    【登録する】ボタンではないので注意してください。
  13. 複数のメールアドレスを一気に登録するので、csvの項目位置を間違えると修正が大変になります。 【項目位置チェック】ボタンをクリックして、必ず位置が正しいか確かめてください。
  14. 【import_csv.php】を実行するように設定します。【import_csv.php】を実行するとcsvからデータをインポートします。
    【import_csv.php】を実行するするには、ステップメール配信やメールマガジン配と同じく、 【cronで実行する】、【imgタグとしてページに埋め込んで実行する】、 【ブラウザから実行する】方法があります(【メールを配信する】を参照してください)。

ブラウザからすぐに一括登録する

【インポート情報の編集】で登録した内容で、ブラウザからすぐに登録することもできます。
  1. インポート情報を新規登録する】と【インポート情報の編集】の設定をしてください。
    ブラウザからインポートする場合は、【インポートファイルパス】と【ftpアカウント情報】を入力する必要はありません。
  2. 【すぐに一括登録する】にcsvファイルの内容をコピー&ペーストします。
  3. 【すぐに一括登録する】の【項目位置チェック】をクリックします。

  4. 項目位置が正しければ、【登録する】ボタンをクリックします。
目次 インストール ログイン ステップ作成 登録してもらう 変更してもらう 解除してもらう リスト アドレス変更
一括登録 テストアドレス マガジン予約 ステップ予約 メール配信 エラーメール削除 文字コード 置換
フィルタの登録 フィルタと予約日時 ログとバックアップファイル csv出力 Webへ名前 FAQ