【ビジネス羅針盤 ステップメール】 オンラインマニュアル

データのcsv出力

メールリスト

名前、メールアドレスなどの情報を出力します。
  1. 左メニュー【ファイル出力】を開きます。
  2. 出力したい項目にチェックをつけます。
  3. 絞り込んで出力したい場合は、【絞込み】を設定します。
    メールアドレスは入力した値を含むデータ全てが出力されます。 例えば【.com】と入力すると、mail1@aaa.com、mail2@aaa.com、mail@bbb.company.net・・・などが出力されます。
    【送信済みステップ回数】は、【3 等しい】ならステップ配信の3回まで配信されたデータ、【4 以上】なら4回以上、【5 以下なら】5回以下のデータが出力されます。
  4. 日時系は出力する形式を選択できます。
  5. csvの各項目を【"】で囲みたい場合は、【項目囲み文字】で【"】を選択します。
    【】を選択した場合、【data1,data2,data3,・・・】となります。
    【"】を選択した場合、【"data1","data2","data3",・・・】となります。
  6. csvの各項目の区切り文字を【,】か【タブ】から選択します。
    【,】を選択した場合、【data1,data2,data3,・・・】となります。
    【タブ】を選択した場合、【,】が【タブ】に替わります。
  7. 出力したい文字コードを【JIS】、【UTF-8】、【EUC-JP】、【SJIS】から選択します。
  8. 【出力する】をクリックします。

ステップリスト

ステップ配信のデータを出力します。
  1. 左メニュー【ファイル出力】を開きます。
  2. 出力したい項目にチェックをつけます。
  3. 絞り込んで出力したい場合は、【絞込み】を設定します。
  4. 【配信時間】は【秒数】か【x日y時間後】から選択できます。
    【秒数】なら本登録から配信までの【秒数】が、【x日y時間後】なら配信までの秒数を変換して出力します。
  5. csvの各項目を【"】で囲みたい場合は、【項目囲み文字】で【"】を選択します。
    【】を選択した場合、【data1,data2,data3,・・・】となります。
    【"】を選択した場合、【"data1","data2","data3",・・・】となります。
  6. csvの各項目の区切り文字を【,】か【タブ】から選択します。
    【,】を選択した場合、【data1,data2,data3,・・・】となります。
    【タブ】を選択した場合、【,】が【タブ】に替わります。
  7. 出力したい文字コードを【JIS】、【UTF-8】、【EUC-JP】、【SJIS】から選択します。
  8. 【出力する】をクリックします。
目次 インストール ログイン ステップ作成 登録してもらう 変更してもらう 解除してもらう リスト アドレス変更
一括登録 テストアドレス マガジン予約 ステップ予約 メール配信 エラーメール削除 文字コード 置換
フィルタの登録 フィルタと予約日時 ログとバックアップファイル csv出力 Webへ名前 FAQ