【PayPalオートメール】 オンラインマニュアル

PayPal登録アドレス

PayPal登録アドレスを入力する箇所は、【管理者情報など】画面と各商品の【データ編集】画面の2箇所にあります。
【データ編集】画面は、前バージョンとの互換のため残しています。【管理者情報など】画面への入力だけで動きます。
両方入力した場合は、【データ編集】画面が優先されます。
  1. 【PayPalオートメール】にログインし、【管理者情報など】を開きます。
  2. 【PayPalに登録したメールアドレス】にPayPalに登録しているメインのメールアドレスを入力してください。
    ログイン時に使用するメールアドレスとメインのアドレスが異なる場合、アドレスを複数登録している場合はお気をつけください。
    PayPalから送られてきたデータの照合に利用するので正確に入力してください。
  3. 【更新する】ボタンをクリックします。

商品登録

  1. 【PayPalオートメール】にログインし、【商品情報新規登録】を開きます。
  2. 各項目を入力して、【登録する】ボタンをクリックします。
項目名 説明
商品ID 【ウェブ ペイメント スタンダード】をご利用の場合、PayPalの購入ボタン作成画面で入力した商品IDと同じコードを入力してください。 【ウェブ ペイメント スタンダード】以外をご利用の場合、お好きな文字列を入力してください。
キーになるので、ダブらないようにしてください。
PayPalから送信されたデータの照合に使うので、正確に入力してください。
使用できる文字は半角英数字、アンダーバーです。
購入者のデータと共に、csvファイルに保存されます。
商品名 商品名を入力してください。
購入者のデータと共に、csvファイルに保存されます。

メール送信設定

登録した商品データを変更してメールが送信されるようにします。
  1. 【PayPalオートメール】にログインし、変更したい商品の【データ編集】を開きます。
  2. 各項目を入力して、【保存する】ボタンをクリックします。
    各項目の意味は、下の一覧を参照してください。
項目名 説明
価格 商品の価格を数値で入力してください。
PayPalから送られてきたデータの照合に利用するので正確に入力してください。
税金や送料など設定されている場合は、全てを合計した価格を入力してください。

1つの商品に複数の価格を設定する場合
複数価格は【ウェブ ペイメント スタンダード−今すぐ購入ボタン】と【Express Checkout】のみ対応しています。
1つの商品に複数の価格がある場合(サイズで価格が違う場合など)は、【~】で区切って全ての価格を入力してください。
例えば1000円、1200円、1500円の商品がある場合、【1000~1200~1500】と入力してください。
価格のチェックはリストにあるかどうかだけ行います。オプションのマッチングは行いません。
例えば、サイズS:1000円、サイズM:1200円、サイズL:1500円だとします。 決済しようとしている価格が1000円、1200円、1500円のいずれかであればメールを送信します。サイズのチェックはしません。つまり、
サイズS:1500円という決済データなら、価格がリストにあるので、メールを送信しますが、
サイズM:2000円という決済データなら、価格はリストにないので、メールは送信しません。
件名 決済完了時に送信するメールの件名を入力してください。
挿入できるデータについては【置換】を参照してください。
本文ファイル 決済完了時に送信するメールの本文ファイルを作成し、ローカル(自分のPC)に保存してください。 ファイルはプレーンテキスト、htmlいずれでもOKです。
プレーンテキストの場合はテキストエディタ(Windowsの場合メモ帳など)、htmlの場合はお使いのhtmlエディタで作成してください。 htmlの場合は拡張子を【html】か【htm】にしてください。
【参照】ボタンをクリックし、作成したファイルを選択してください。

挿入できるデータについては【置換】を参照してください。
ファイルの文字コードは、EUC-JP、Shift-JIS、JIS、UTF-8で確認済みです。
ファイルの文字コードがUTF-8の場合、送信されるメールの文字コードもUTF-8となります。 ファイルの文字コードがUTF-8以外の場合、メールの文字コードはISO-2022-JP(従来の文字コード)となります。

もし、【ファイルのアップロードができませんでした】というエラーメッセージが表示されるようでしたら、ブラウザを変更してみてください。

1つの商品に複数の価格がある場合
全ての価格で同じメールを送ることも、それぞれの価格で別々のメールを送ることもできます。
まずは全ての価格を入力して、一旦保存してください。

全ての価格で共通のメール本文を送る場合
【全ての価格で共通のメール本文を送る】のリンクをクリックし、価格が1つの場合と同じ方法で設定してください。

価格毎に別のメール本文を送る場合
【価格毎に別のメール本文を送る】のリンクをクリックしてください。
それぞれの価格に対するメールを作成し、作成したファイルを、【価格】で設定した順番に、【参照】で選択してアップロードしてください。
ファイルの内容を書き換えたい場合は、
本文ファイル名横の【削除】ボタンをクリックし一旦ファイルを削除、再度アップロードするか、
表示されているファイル名(【body/】以下)で再度アップロードしてください。
ファイルをアップロードすると、設定した価格に対するメール本文が一覧表示されるので、正しいか確認してください。
価格を変更した場合も、変更の仕方によっては価格と本文の対応が崩れるかもしれませんので、必ず確認してください。
価格に対する本文ファイルが設定されていない場合、一番目に設定された本文が送信されます。
例えば、1000円、1200円、1500円の価格があり、1000円、1200円に対する本文は設定されているけど、1500円の本文は設定されていない場合、1500円の決済があると1000円の本文が送信されます。
代替本文ファイル 商品データ登録後、【本文ファイル】にhtmlファイルが入力されていれば表示されます。
htmlメールを送信する場合、htmlメールを表示できない環境で、代わりに表示する代替文を入力します。設定しなくでもかまいません。
代替文ファイルをローカルに作成し、そのパスを入力してください。
挿入できるデータについては【置換】を参照してください。
代替本文ファイルの文字コードは、本文ファイルの文字コードとと揃えてください。

もし、【ファイルのアップロードができませんでした】というエラーメッセージが表示されるようでしたら、ブラウザを変更してみてください。

1つの商品に複数の価格がある場合
【本文ファイル】を参照してください。
送信元名 差出人に設定する名前を入力してください。
送信元アドレス 差出人に設定するメールアドレスを入力してください。
From名と合わせて、メーラーでは、From名<Fromアドレス>と表示されます。
Reply-To メールを受け取った方が、メーラーでそのメールに対して返信をする場合、このアドレスに返信されます。
Return-Path 送信先のメールアドレスが存在しないなどの理由でエラーメールが返信されたとき、そのエラーメールを受け取るメールアドレスを設定してください。
【PayPalオートメール】をインストールしているドメインに存在するメールアドレスを設定してください(存在しないメールアドレスの場合、おそらくほとんどのサーバーで動きません)。
BCC メールが購入者にきちんと送信されているか確かめるためにも、自分自身にBCCで送信してください。
エラーが起こってメールが送信できなかったときは、このアドレスに送信されます。
添付ファイル 添付ファイルは3つまで付けられます。
添付ファイルをローカルに作成しておき、そのパスを入力してください。
【商品ID.txt】と【商品ID.html】はメール本文のファイルで使用するので、これらのファイル名は使わないでください。 例えば商品IDが【code】の場合、【code.txt】と【code.html】のファイル名は避けてください。
同じ名前のファイルが、すでにサーバーにある場合は上書きされますので、ご注意ください。
複数の価格がある場合、添付ファイルは全ての価格で同じになります。
決済実行 【ウェブ ペイメント スタンダード】の場合
この項目を【決済を行わない】にしただけでは、決済は通ってしまいます。 決済を中止したい場合は、PayPalから商品を削除するなどしてください。

【Express Checkout】と【Digital Goods】の場合
この項目を【決済を行わない】に設定すると、決済は行われません。

購入者をステップメールへ登録

決済終了時に、購入者をステップメールへ登録することができます。
ステップメールへの登録】を参照してください。
目次 インストール ログイン 商品情報(標準) PayPal設定(標準) テスト(標準) サンキューページ(標準)
商品情報(Express) サンキューページ(Express) テスト(Express) 商品情報(Digital)
PayPal設定(Digital) テスト(Digital) データの確認 置換 FAQ