読者への話しかけ方

不達メールの処理スパム認定されないように1日の送信数で、 1通でも多くのメールを読者に届けるため、スパム認定されないようにするための方法をご紹介しました。

今度は、読者にスパムメールだと誤解されないために 気をつけなければいけないことを紹介します。

名前で呼びかけると、メールが読まれる確率が上がると言われています。
なので、大抵のメールマガジンやステップメールソフトでは、 メールの本文や件名に登録された読者の姓名を挿入できるようになっています。

しかし、姓名の登録されているデータはいいのですが、 登録されていないデータは少し困ります。
特に古いデータや、無料レポートのデータには姓名がないものが 多くありませんか?

だからと言って、名前の挿入をやめるわけいにはいきません。
そこで、姓名に変わるデータを挿入することになります。

メールアドレスというのが一般的でしょうか。

ところが、姓名の代わりにメールアドレスを挿入するという方法は、多くのスパマーがとっているのです。
ですから、スパムと勘違いされないためには、メールアドレス以外の文字で置換する方がいいのです。

ではなにがいいでしょうか。

 ・
 ・
 ・

【メールアドレスの@の前の文字】、あるいは【皆さん】などにするとよいでしょう。

つまり、 姓名のデータが登録されている読者には名前を挿入し、データの登録されていない読者には皆さんなどを挿入 すればいいのです。

これでスパムだと思われてしまう危険性を減らすことができます。

ステップメールの詳しい記事を読む

便利ツール
お役立ち情報・小技
読者に好かれるセールス
ネットビジネスのあれこれ
自分で行う無料SEO対策
ネットビジネスの確定申告
更新情報
オンラインマニュアル
連絡先