【オートメール for PayPal】 オンラインマニュアル
 データの確認

購入者データの確認

各商品の購入者データは、【lオートメール for PayPal】にログインし、確認したい商品の【購入者データ】を開くと確認できます。
購入者データは、【data】ディレクトの【buyer.csv】(テスト時は【test_buyer.csv】)へ保存されています。

【buyer.csv】の各項目
項目名 説明
商品ID PayPalから送信された商品ID
商品名 PayPalから送信された商品名
姓  PayPal決済に入力された姓
名  PayPal決済に入力された名
メールアドレス PayPal決済に入力されたメールアドレス
注文ID PayPalで一意に識別される注文番号。
メール送信日時 【lオートメール for PayPal】が購入者にメールを送信した日時
エラー理由
(エラーログのみ)
エラーが起こってメールが送信できなかった場合、その理由です。



購入者データの確認

  1. 【lオートメール for PayPal】の管理画面にログインします。
  2. 【購入者データ】を確認します。
  3. メーラーなどを立ち上げ、BCCに設定した自分のメールアドレスにメールが届いているか確認します。

BCCに設定した自分のメールアドレスにもメールが届いていない場合は、【ログイン-インストールURL】に【www】がないか確認してください。 URLに【www】があると、動作しないことがあります。その場合は【www】のないURLを入力し、購入ボタンの作成時に設定したURLを【www】のないものに修正してください。
またこの場合、購入者にもメールが届いていない可能性が大きいです。 PayPal管理画面で決済が正しく行われていることが確認できましたら、手動でメールを送信してください。
もし頻繁に起こるようでしたら、お使いのサーバーでどのようなエラーが起こっているのか確認してください。

BCCに設定した自分のメールアドレスにはメールが届いているにも関わらず、 何人もの方にメールが届かない、スパムメール扱いになることが多い場合、お使いのサーバーの信頼性が低いのかもしれません。 この場合、【lオートメール for PayPal】側ではどうにもできませんので、メールを送信するサーバーを変えてみてください。

csv出力

選択した商品の購入者データをcsvで出力します。

  1. 【lオートメール for PayPal】にログインし、csv出力したい商品の【csv出力】を開きます。

  2. 出力したい項目にチェックをつけます。
  3. 【メールアドレス】を絞り込んで出力したいときは、絞込みに入力します。 like検索(入力した文字列を含む全てのメールアドレスが抽出)されます。
  4. 【購入日】を絞り込んで出力したいときは、絞込みに入力します。 出力したい購入日の範囲を、【yyyy-mm-dd】形式で入力してください。
  5. 【購入日】は日時の出力形式も選択できます。
  6. 各項目囲む文字、各項目の区切り文字、csvファイルの文字コードを選択します。
  7. 【出力する】ボタンをクリックします。

ステップメールへの登録

購入者のデータ(姓、名、メールアドレス)をステップメールへ登録することができます。
登録できるステップメールは【ビジネス羅針盤 ステップメール】です。

  1. 【lオートメール for PayPal】にログインし、ステップメールに登録したい商品の【データ編集-ステップメールへ購入者を登録】を開きます。
  2. 【ビジネス羅針盤 ステップメールと連携する】を選択します。
  3. 【【transaction.php】のURL】へ【ビジネス羅針盤 ステップメール】の【transaction.phpのURL】を入力します。 【www】を入れて動かないときは、【www】のないURLを入力してください。
    【ビジネス羅針盤 ステップメール】の【transaction.php】のURLがわからないとき。 ----------
      【ビジネス羅針盤 ステップメール】の管理画面をブラウザで開きます。
      アドレスバーに表示されているURL+【transaction.php】となります。
      アドレスバーに【http://sample.desu/stepmail/】と表示されている場合、【http://sample.desu/stepmail/transaction.php】となります。
      もしアドレスバーに【index.php】が含まれている場合、【index.php】は抜いてください。
  4. 【ビジネス羅針盤 ステップメール】のどのステップに登録するのか、その【ステップコード】を入力します。
      【ステップコード】の確認方法。 ----------
      【ビジネス羅針盤 ステップメール】にログインし、登録したいステップの【データ編集】を開きます。
      【ステップ基本情報】にある【ステップコード】を入力します。
  5. 登録するときどのように登録するかを、【仮登録】、【本登録】、【本登録(無送信)】から選択します。
    【仮登録】の場合は購入者が本登録するまでステップメールは送信されません。
    【本登録】の場合は初めから本登録されます。
    【本登録(無送信)】の場合は【本登録】と同じですが、ステップメールへ登録されたことを知らせるメールが送信されません。
  6. 【ステップ配信済み回数】にステップメールの第何回まで配信したことにして登録するかを入力します。
    【5】と入力した場合、第5回まで配信したことになり、第6回目のステップから配信されます。
  7. 商品の購入者に属性を設定したい場合は、【フィルタ】に値を入力します。
    【フィルタ】を設定しておくと、メールマガジンやステップメールを配信するとき、フィルタに該当する人にのみメールを送信したり、フィルタに該当しない人にのみメールを送信できるようになります。 詳しくは【ビジネス羅針盤 ステップメール】のマニュアルのフィルタの項目を参照してください。
  8. 入力し終えたら、【保存する】ボタンをクリックします。